Bus Driver Job

ドライバーの求人情報を見ておこう|採用される秘伝の技

タクシー運転手の必須能力

求められるスキルについて

女性

タクシードライバーの求人に応募する際は、運転免許証を持っている事が大前提となりますが、それ以外にもタクシードライバーとして勤務するため必要なスキルが幾つかあります。
まず第一には接客スキルです。
タクシードライバーはタクシーの運転だけしていれば良いと考えている人も多いですが、顧客を目的地まで快適に送り届けるということが任務となります。
そのため、顧客が搭乗中は適切なマナーを守りながら接客する必要があり、接客を怠ると顧客からクレームが入ったり思わぬトラブルに繋がる事があります。
そのため、どこのタクシー会社でも接客マナー研修等を実施しているほどであり、接客スキルはタクシードライバーの必須スキルと言えます。
第二に必要になるスキルは、地図を読めることや道路を覚える記憶力です。
タクシー会社は基本的には営業エリアが決められており、求人がある場所の近くで営業をするのが基本ですが、お客さんによっては域外の地域への輸送を希望することがあります。
この点、お客さんから目的地を告げられた後、いちいちカーナビゲーションに目的地を入力したり、行き先を間違えたりするとタクシードライバーとしてやっていけません。
そのため、一度通った道は覚えるといった能力や、最低限地図を読める能力は必要となるのです。
タクシードライバーの求人にはこうした必要スキルが書かれているケースは少ないですが、必ず必要になるので求人に応募する際には留意が必要です。

合格する書類の内容

男女

人気となっている職業に就くためには、難関となる就職試験を突破しなければなりません。
最近人気なのが、ドライバーの求人で、多くの人が求人に応募しています。
そこで、ドライバーの求人を出している会社に就職できる書類の書き方を伝授していきます。
初めて書類を書く人で悩んでいる人や、自分で書類を書いてもなかなか合格しない人は参考にしてください。
まず忘れていけないのは、丁寧に書くことです。
合格できない人の書類を見ると、中身はともかくとして、丁寧に書いていない人が多いのです。
文字が上手であるか下手であるかは関係ありません。
しかし、誠意をもって書いているかどうかは相手に伝わってしまいます。
丁寧に書いた書類と殴り書きをしている書類を比べれば、当然ながら、丁寧に書いた人が採用されます。
このように、誠実に書くのは内容以前の問題ですから特に気を付けてください。
そして次に、自分のドライバーの仕事に対する熱い思いを書いてください。
たまに、「給料がいいから志望しました」という人がいます。
そのような動機もいいのですが、仕事へのやる気を疑われてしまいます。
人気の求人に合格するための書類には、仕事への思いが込められているのです。
お金の話は、ドライバーの求人の最終面接でしましょう。
決して、最初の書類の段階で書くのはおすすめできません。
面接が進むにつれて、自然と給与の話が出ます。
そのときに自然な流れで質問するとよいでしょう。

職種による適性の違い

女の人

荷物を運んだり、人を運んだり、一言でドライバーと言ってもドライバーの職種は様々あります。
運ぶモノによってドライバーの適性が違ってきていたりもするものです。
職種や適性を考えず、ただ給与が良い求人だから、福利厚生などの待遇が良い求人だからと安易に選ぶと、ストレスを溜めたり、体調を壊したりなど、不本意な結果になるものです。
どのような職種があって、どのような適性に向いているのかを考えて仕事探しをするとミスマッチは減るものです。
荷物を運ぶ職種で代表的なのが宅配ドライバーです。
ネット通販の売上増加もあって、もっとも求人の多い職種かも知れません。
一般家庭に荷物を届けたり、お店で荷物を集荷したりします。
下請けで宅配便を扱っている運送業者も多く、給与は歩合制が多く見られます。
街中を走り回る仕事で、荷物の量によって毎日配達ルートが変わるため、地図を素早く読み取る能力と歩き回る体力が求められます。
大手宅配会社のセールスドライバーになると、事業所などに営業を掛けて仕事を取る事もあるため、セールストークに長けていると有利になります。
人を運ぶ職種で代表的なのがバスやタクシーのドライバーです。
バスは大型二種免許、タクシーは普通二種免許が必要ですが、雇用先が費用負担で取らせてくれる事が多く、応募時点で所持していなくても心配はありません。
高速バスの便数の増加や外国人観光客の増加もあって、特に都市部などで求人が増えてきています。
人を運ぶ仕事ですから運転能力はもちろん、地理に明るい、接客や安全に対する高い意識が求められています。
その他にも、小型・中型・大型トラックドライバー、トレーラー、バイク便など、ドライバーの職種は様々あり、給与や待遇、雇用形態、求められる適性能力なども違ってきます。
職種が求める要素を良く見極めれば、必ず自分に見合った求人が見つかるはずです。