Bus Driver Job

ドライバーの求人情報を見ておこう|採用される秘伝の技

全国各地に求人がある仕事

求人数が多く応募しやすい

バス

バスの運転手には市営や民営の路線バスだけではなく、観光や高速と種類があります。
それに、求人は1年を通して数多く募集されているので、仕事を探す上で狙い目の職場だと言えます。
運転手の平均給与は425万円ほど、市営バス会社や大手バス会社に正社員で就職をすると、さらに給与は良くなります。
また、求人数が多いというだけではなく、ドライバー業界に今まで関わりがなかった方でも安心して申し込める求人です。
バス会社には大型自動車第二種運転免許を取得していない方に向けて、無大型二種許取得支援制度を設けているところがあります。
免許支援制度とは、求人に応募して内定をもらえればすれば、費用は会社側が負担して免許の習得を目指すという制度です。
くわえて、バスの運転手の仕事は、安定して給与を受け取れるところも良い点と言えるでしょう。
同じドライバー業界のタクシーのように、乗車客の増減で直接収入に響きません。
このため、トラックやタクシー会社から転職をしている方もたくさんいます。
バスの運転手にはさまざま魅力がありますが、例えば運転が好きな方におすすめなのは観光バスの運転手です。
観光バスの運転手は路線や高速バスのように路線が決められているわけではなく、お客さんを乗せて日本全国の観光地を観光地への送迎をする仕事です。
このため、日本の各地をめぐることができるので、運転をしながら仕事を楽しめるでしょう。
また、全国各地を訪れてその土地の名物料理に舌鼓を打てるのも魅力だと言えます。

聞かれる事を把握しよう

バス

近年ではバスの運転手の数も減ってきている為、バスに関する求人広告の数も増えてきました。
バスの運転手が未経験の方は、面接の際に気を付ける事、ポイントなどを事前に把握しておき面接対策を整えておきましょう。
バスの運転手の面接は、一般企業とあまり変わらない内容となります。
企業を選んだ理由、運転経験、第二種運転免許の有無、ご自身の長所や短所などが一般的です。
事故歴や過去の違反については詳しく聞かれる事が殆どなので、正直に答えていきましょう。
また、会社によっては私生活での飲酒状況を聞かれる事もあります。
バスの運転手で大切な事として、運転技術は勿論、安全にお客さんを乗せて運転できるか、という事です。
安全運転に心掛けている姿勢や接客態度、さらに清潔感などもチェックされる事があるので覚えておきましょう。
特にマナーや礼儀は厳しく審査する会社が多いので、曖昧な敬語やマナーを身に付けている方は一度確認し直しておくと良いでしょう。
面接の際は多くの方が緊張して、うまく喋れない方が殆どです。
緊張する中でもご自身の言いたい事がしっかり面接官に伝えられるように面接の練習をしておく事も大切です。
鏡を利用して、面接のイメージをしながら練習したり、応募するバス会社の理念や事業内容を頭に入れておく事もしておきましょう。
インターネットを利用する事で、バスの運転手の面接を受けた方々の口コミを探す事も出来ます。
不安な方は情報を参考にしておくのも良いでしょう。

働く上で魅力となること

運転手

バスの運転手に憧れる人は多いのではないでしょうか。
きちんとした制服を着て、大型車を運転する姿はとても格好が良いです。
もちろん見た目以外にもバスの運転手の魅力はたくさんあります。
地域の足となって、社会貢献できることを誇りに思う方も多いでしょう。
またバスに乗って楽しく談笑しているお客様を見ると、とても満足感を得られるという回答もあります。
観光バスならば、高い車高で広い窓から四季折々の美しい景色を楽しむことができるのも運転手の醍醐味と言えるでしょう。
送迎バスならば幼稚園児や小学生、ご年配の方や障害をお持ちのなどの移動手段として無くてはならない交通機関になります。
その責任は重く、大きな使命感に繋がります。
また決まったお客様を定期的に乗せるため、自然と顔を覚えてもらえるのも運転手にとっては嬉しいことです。
違う方向から魅力を考えたとき、バスの運転手という職種は、基本的にひとりでおこなう仕事だということです。
よけいな人間関係に煩わされたりすることなく、黙々と業務をこなせます。
人間関係のストレスがないというのは大変大きな魅力で、転職の理由の一番に上げられるほどなのです。
また路線バスなどは決まったルートを時間どおりに移動する仕事ですので、休みがきちんと取れるし、収入的にも安定しているといえるでしょう。
バスの運転手の仕事は、大型車の運転のしたい人に人気があります。
また煩わしい人間関係の心配もなく、誠実にきちんと仕事をこなせる人に向いています。