Bus Driver Job

ドライバーの求人情報を見ておこう|採用される秘伝の技

給料に影響する様々な要因

歩合給も会社ごとに異なる

タクシー

歩合給が採用されていることもあり、タクシードライバーの年収は個人ごとにかなり開きが見られるのがこの仕事の特徴の1つです。
通常、タクシー会社は売上の5割前後をタクシードライバーから徴収し、残りが労働者の給料になります。
中には売上の6割を労働者の収入とするタクシー会社もあり、当然そういった会社の方が高い年収を期待できます。
しかしタクシードライバーの年収は歩合給以外にも多くの左右される要因があります。
例えばその1つがタクシードライバーや会社の持つ営業力です。
特にドライバーが事業者である個人タクシーは、馴染みの客がどれほどいるかで大きく年収が異なるため、営業が非常に重要です。
一方会社勤めのタクシードライバーも同様に個人営業力は重要ですし、また会社の社会的な地位や評判、宣伝広告の力の入れ方もドライバーの年収に関わってきます。
さらに年収は年齢層ごとにも異なる傾向が見られます。
20代前半といった経験の浅いドライバーは総じて年収が少なく、データによっては200万円前後が平均値の場合もあります。
逆に経験を積んだベテランが多い、40代、50代といった年齢層では年収が高めの特徴があり、平均でも400万を超える調査結果も見られます。
タクシードライバーの仕事はこのように年収にそれぞれ差異が少なからず存在するのが特徴であり、それは個人の能力以外の部分もあるため、転職に際しては勤務地や会社、歩合給の内容などもチェックが必要です。

就職をする上でなぜ人気か

運転手

タクシードライバーとして就職や転職を考えた場合、収入が一番気になる問題となるに違いありません。
タクシードライバーの平均年収では、東京都内では400万前後、全国平均では300万前後となっています。
しかし、あくまでも平均なのでこれ以上稼ぐ方も全国にはたくさんおり、600万や800万ほどの年収であれば、努力次第で誰でも稼ぐことができる職業です。
タクシードライバーの求人広告は、職探しをしている方なら誰もが目にするほど多く募集していて、未経験者や初心者に限らず多くの会社が常に募集されています。
そのため、前職が何であろうと関係なく受け入れてくれることや、年齢や性別に関係なく就職できることで人気となっている職業です。
タクシー会社の求人広告を見ていると、ほとんどの会社が歩合制による給与システムを導入しています。
歩合率は会社によって違いが生じますが、少しでも年収を稼ぎたいと考えている方は、60%や65%、70%といった高歩合率の会社を選ばれています。
歩合率は、1日の売り上げに対して歩合率を掛け合わせた金額が、そのまま給与として支給されるので、高年収を稼ぎたい方にとっては、歩合率の高さは重要な要素なのです。
タクシードライバーへの就職には、誰もが不安になりがちな職業でもあるので、現在評判となっているのがコンサルタントがアドバイスをするタクシー専門の求人サイトです。
年収や休日、研修制度、福利厚生などはもちろん、収入をアップさせる方法などもアドバイスを受けられる点は、就職や転職などで不安をお持ちの方に最適なシステムとなっています。

歩合が占める重要さ

TAXI

タクシードライバーの年収は歩合の割合によって大きく変動します。
あらかじめ決められている固定給に関しては他の業種に比べてそこで高いとは言えません。
タクシードライバーの場合は固定給だけではなく歩合が加算されますので乗車率が高ければそれだけトータルの年収も上がっていきます。
つまり企業の売り上げが年収を左右すると言うよりも自分の頑張りがそのまま年収に反映されると思って良いかもしれません。
安定した収入を望むと言うよりも時期や季節によって収入が変動するので、一定の収入を望むと言う人には向いている仕事とは言えないかもしれませんが、自分の頑張りがそのままお給料に反映されるので出来高制を望む人にとってはとても向いている仕事と言って良いでしょう。
さらにタクシードライバーの求人に関しては転職や再就職、中途の場合、経験がなければ採用されないということはないありません。
タクシードライバーは未経験でも採用されることが多い職種だとも言われていますから経験がなくてもまずは応募することから始めてみてください。
注意しなければならないことの1つとして採用されてから実際にタクシードライバーとして働いてお給料を得るまでには1ヶ月前後かかるということです。
乗客を乗せるわけですから研修は必須になりますしそれ以前にタクシードライバーとして働くことができる資格を取得しなければなりません。
研修期間は給料が発生しない事もありますので確認しておいた方が安心でしょう。