女の人

介護の求人は人材紹介会社を利用する|介護職に必要なスキル

職務経歴書での5つの項目

書類

転職活動を行なう際に履歴書とあわせて必要になってくるのは、職務経歴書になります。履歴書と異なり、職務経歴書は自己分析が重要になってくるのでただ書けばいいのではありません。自己分析と職務経歴書のポイントをおさえて、志望している会社にアピールをしましょう。

まず、職務経歴書には必ず書かなければいけない5つの内容があります。まず1つ目は職務要約です。基本的に職務経歴書の初めに書く文章になっており、職務経歴書の要点を表しています。忙しい採用担当者がこの部分を見るのは大体5秒程度だと言われており、短い文章でしっかりと自己PRすることが大事になります。次に職務経歴になります。新卒入社から現在に至るまでのキャリアを順番よく記載していきます。誰が見てもわかりやすくまとめるのがコツですよ。3つ目が活かせる経験や知識、能力などを書いていきましょう。これは死亡する会社や職種で活かせることが出来る経験などをピックアップして記載していきます。そして4つ目が自己PRになります。職務経歴書の中でも特に重要な項目とされて、自分の強みを担当採用者に印象付けるための文章になります。強みをしっかり整理されて、分かりやすい結果と丁寧な言葉で伝えられるように心がけましょう。最後の5つ目が志望動機です。志望する会社に対してのやる気などをPRする文章になります。この5つが職務経歴書で必要な項目でしょう。自己分析をしっかり行わないと、この職務経歴書を書くのは難しいです。また、求人サイトなどには書くポイントをおさえた職務経歴書の書き方が記載しているので、それを参考にしながら取り組んでみると良いでしょう。