Bus Driver Job

ドライバーの求人情報を見ておこう|採用される秘伝の技

業界内の転職の事情

持っている免許を活かす

面接

運輸業界内で転職を実現するには、トラックやバスやタクシーなどのドライバーとしての職歴を最大限に生かすようにしましょう。
運輸関連に特化した求人サイトを利用して、興味のある企業について研究しておけば、内定の確率を高めることができます。
またタクシー会社は就職相談会を実施しており、積極的に参加すると、各企業の特徴についての理解も深められるでしょう。
シフト制の勤務スタイルのタクシー会社が多いので、夜勤や休日出勤の経験が豊富なドライバーであれば、即戦力として働くことも可能です。
タクシー業界で転職を希望する場合には、モデル月収やトップドライバーの年収などのデータを活用するのが、好条件の仕事を見つけるためのポイントです。
そして安定性を重視している人たちに人気があるのは、路線バスを運行している地元企業の乗務員の求人情報です。
サラリーマンや学生などの固定客が多いのが路線バスの特徴であり、転職することで、毎月30万円前後の安定した収入が得られるでしょう。
更にバス会社は積極的にドライバーを募集しており、トラック業界やタクシー業界からの転職にも最適な、未経験者大歓迎の求人も豊富です。
一方で転職で収入を増やすなら、大型免許を活用してダンプカーやミキサー車のドライバーの求人を選ぶようにしましょう。
大型車両の運転歴が豊富な人を積極的に採用する企業もありますが、事故歴がなくて安全運転に取り組んでいる人も、採用してくれるでしょう。

仕事の魅力とは何か

履歴書

ドライバーは運転をする仕事なのですが、運転が好きな人にとってドライバーの仕事はメリットがたくさんあります。
一番のメリットと言えば仕事が運転ということです。
職種によっては若干異なりますが、トラックのドライバーなどは特に1人で運転することが多いので、人と関わることもあまりありません。
働く上では絶対に人と関わらなければなりませんが、ドライバーの仕事の中ではほとんど人と関わることのない職種もあります。
運転が好きで人と関わることや接客を行うのが苦手という方、はドライバーの中でも長距離運転手などが向いているかもしれません。
ドライバーの求人はたくさんありますから、求人を探したい時はドライバー専門の求人サイトなどを参考にしてみると、自分の目当ての仕事を探すことができます。
またドライバーの仕事は比較的給料が高いのも魅力の一つです。
タクシードライバーの場合は固定の給料だけではなく歩合がプラスされるので、頑張り次第では高い給料も望めます。
同じ職種でも求人により条件が異なりますし、もちろん給料体制も変わってきますので求人を選ぶときは募集内容をしっかりと確認しておくことがポイントになります。
ドライバーの仕事は勤務中の大半が運転している時間ですので長時間の運転が必須になります。
長時間の運転は場合によって体に負担をかける結果になってしまいますから、運転する際の姿勢などには十分注意して体を壊さないように気を付けるのも仕事の1つです。

仕事内容や条件

面接

ドライバーという職業の中でも職種によっては仕事内容が大きく異なってきます。
ドライバーの仕事はまず乗客を乗せるタイプと乗客ではなく貨物などを乗せるタイプの2通りに分かれます。
まず運転する車の免許を取得するのは最低条件なのですが、バスの運転手野タクシードライバーなど乗客を乗せる職種についてはそれぞれ二種免許を取得する必要があります。
免許取得については会社側でサポートしてくれる場合もありますので求人に応募する際には確認しておきましょう。
求人探しのポイントとして、まずは職種を絞ることです。
ドライバーという同じ業種でも、職種によって仕事内容が全く異なってくるからです。
ドライバーは基本的に運転する仕事なのですが一人で黙々と運転するのが、乗客を乗せて接客をするのかなど仕事内容が違います。
求人を探すときはドライバー専門の求人サイトなどを見ると仕事を探しやすいですし、職種を絞って検索することもできるので簡単に自分が求めている仕事を見つけることができます。
ドライバーの仕事は経験者の方が優遇されますが、職種によっては運転免許を所持していれば未経験でも採用されることができる場合もあります。
特にタクシードライバーなどに関しては、二種免許の取得も会社側で負担してくれることも多いです。
そのため、中高年の転職先としても人気のある仕事の一つです。
ドライバーの仕事は年齢問わず採用されるパターンもあるので、転職先や再就職先としても需要があります。